廃車関連ページ

車が動かない?その時に知っておきたい処分方法

愛車が自走できなくなるなどの理由で、処分について検討しているという方もいらっしゃるでしょう。

 

車の処分方法にはいろいろとありますが、自走できなくなった場合の処分方法としては、廃車買取業者に買取を依頼するという方法がおすすめです。

 

一般的には、自分でスクラップ業者に連絡を取って、引き取り費用やスクラップ費用を負担して、自腹で廃車にする処分方法が選ばれることが多いのですが、

 

廃車専門の買取業者の存在を知っておけば、余分なコストをかけるだけでなく、自走できないものでも買い取ってもらえるというメリットを享受できます。

 

ただし、廃車買取業者とのやり取りにおいても、気を付けておきたいポイントはいくつかあります。まず、買い取りに関しての振り込み期日がきちんと設定されているかを確認しておきましょう。

 

買い取り手続きにおいては、契約書を交わすことになりますので、契約書にサインをする前に、支払期日についての情報が適切に表記されているかをチェックしておきます。

 

また、契約書によっては、契約を交わした日の状態と、実際に引き取りを行う日とで、車のコンディションが異なる場合には、契約を無効とすると定められているケースもあります。

 

この場合には、買取金額を支払ってもらえないだけでなく、場合によっては損害賠償を請求されるリスクもありますので、車の引き取りがなされるまでの間に、

 

車のパーツを取り外したりすることのないよう、十分に気を付けてください。

 

あるいは、上記のように契約を交わすことがないという場合もあります。この場合に気を付けたいのは、当初口頭で約束をしていた買取金額と比べて、

 

実際に引き取りを行う際の査定の金額が大幅に引き下げられてしまうというケースがあるということです。

 

あくまでも口約束で進めてきてしまったために、引き取りのタイミングでそのことを指摘しても納得してもらえず、しぶしぶ安い金額での引き取りを了承してしまうということが起こりかねません。

 

のちのちのトラブルを回避するためにも、契約書や覚書の書面を交わすように気を付けておきましょう。

 

このように、廃車処分するにあたって注意したいポイントはいくつかあります。

 

いずれもコストに関するものですが、自走できない車の処分の場合、多くのケースにおいては所有者が泣き寝入りをしている傾向にあります。

 

ここに紹介したポイントをふまえて適切に交渉を進めて、気持ちよく処分を行えるように努めましょう。