廃車関連ページ

水没車のための処分方法

 

日本は自然による災害が比較的多いと言われています。

 

国土の面積がそれほど広いわけではないにも関わらず、山や川、平野などが配され、土地の起伏が大きく、大雨や台風などが起こりやすい立地にあるためです。

 

最近では真夏に都市部でゲリラ豪雨が観測される機会が多くなるなど、一時的な増水などのために愛車が水没してしまった、という経験をしている方は少なくありません。

 

もしあなたの車が水没してしまったとしたら、どのような処分方法が考えられるでしょうか。それにはまず、水没によってどの程度の影響が出ているかを確認する必要があります。

 

オフロード仕様などであれば、ちょっとした川を越えたり、ぬかるんだ湿地などを走行する前提で、ある程度の防水仕様が施されていますので、ちょっと水没したくらいで廃車にする必要はありません。

 

ただし、それほど水深のない場所であっても、スピードを出して走行すると、跳ね上がった水がエンジンルームに侵入する恐れがあります。

 

エンジンは水の浸入にとても弱いため、くれぐれも注意をして走行するようにしましょう。

 

一般的には、マフラーの排気口のあたりが水没したり、バンパーの下側程度まで水につかってしまうことがあると、運行に影響が出ると言われています。

 

排気口はもちろん、バンパーの下面にはさまざまなパイプや連結部分がありますので、それらの間から水が浸入して、車が動かなくなる恐れがあります。

 

もし水没で動かなくなってしまったら、まずは修理できるかどうかを見極めなければなりません。修理をできる状態であれば、任意保険で修理代がカバーされるかを保険会社に確認します。

 

残念ながら修理できないということであれば、走行不能車の廃車処分方法を考えなければなりません。

 

一般的な中古買取業者の場合、自走できない状態のものについては良い条件で買い取ってもらえないことが多く、おすすめできません。

 

そんな時には廃車を専門に買い取っている、廃車買取業者に相談してみましょう。

 

こういった業者では、車を中古車として販売するだけでなく、エンジンやマフラー、バンパーなどの鉄やアルミなど、各パーツでそれぞれ再利用できるかどうかを判断し、リサイクルを行っていますので、水没車にはうってつけの処分方法です。

 

廃車買取業者から見積もりを取るときは、複数の業者に依頼するようにしましょう。

 

最近ではインターネットから情報を入力して見積もりの概算を取ることができますが、実車による見積もり時に金額が大幅にダウンすることもありますので、複数の業者から実写の見積もりを取るのが賢明です。