自分で自動車の廃車手続きをする時に必要な注意点

廃車時に戻ってくる還付金について

 

ご存じですか?廃車にしたら各種税金が還付される場合があります。
車検が切れていない車のほとんどが還付される可能性がありますので、しっかりチェックしましょう。

 

 

廃車時に発生する還付金とは?

 

車の税金は前払い方式なので、次の車検時期までに廃車した場合、残りの期間分が還付されます。
還付される可能性のある税金は自動車税自動車重量税の2つです。

 

自動車税は一般的な普通車(1700cc・1.5トン・自家用車の場合)で39,500円、自動車重量税は36,900円(期間3年)。
一括で支払った前払い分を、それぞれ月割りで還付されるというわけです。

 

例えば自動車税を5月に納税後、8月に廃車の手続きをした場合には、9月〜翌年3月までの月割り金額が還付されるしくみです。
残りの期間が多いほど返金される額は多くなるので、廃車する場合は手続きを早めにしましょう。

 

自動車重量税は、車検の有効期間を1ヵ月以上残して廃車した場合に還付されます。
(車検有効期間が1ヶ月未満の方には還付がありませんので、注意しましょう)

 

また、自賠責保険の有効期間が残っていればその期間に応じて保険料が戻ります
(還付金額はご加入保険会社、地域により異なります)。

 

保険会社に解約の手続きをした日が起算日となりますので、抹消登録が完了したらお早めに手続きされることをオススメします。
個人で廃車手続きされるのは、大変な手間と時間がかかります。

 

 

廃車にする事を決めたら手続きはスピーディーに!!

 

費用もそれなりにかかるので相殺されて還付金がほとんど戻らないケースも。還付金は月割りで還付されるので、手続きのスピードも大切なポイントです。
信頼のおける廃車買取り業者に廃車に関する手続き方法を依頼すれば、煩わしい手続きもスピーディに代行してくれるので結果おトクかも知れませんね。