費用面から考える、車の処分方法

乗らなくなった車の処分方法を、費用面から考える

乗らなくなった車の処分方法としては、中古車買取業者に買い取りを依頼したり、新しく購入する際に下取りしてもらったりなどの方法がありますが、自走できなくなった場合の処分方法としては、廃車処分にするという方法が一般的です。

 

その手続きを自分で行う場合には、どのような費用が必要になるのかをご存知でしょうか?そもそも、処分をするのに費用が必要なことを知らなかった方もいるのではないでしょうか。

 

もし自走することができない場合の処分方法として、解体の手続きを行う場合、解体業者への持ち込みを行うことができませんので、引き取り依頼を行うことになります。

 

引き取りの費用は軽自動車から4000ccの大型まで、だいたい10,000円程度です。もし自走ができるのであれば、この費用はかかりません。

 

また、処分する場合には、国で定められたリサイクル料金を支払わなければなりません。

 

2005年1月1日以降に購入したものであれば、購入代金のなかにリサイクル料金が含まれていますが、それよりも以前に購入したものである場合、国産の軽で8,000円、国産の普通自動車で10,000円、海外からの輸入車であれば15,000円、大型の場合には20,000円程度のリサイクル料金を用意しておきましょう。

 

リサイクル料金は、メーカーや種類によって細かく設定されていますので、上記はあくまでも目安として考えておいてください。

 

廃車の手続きはまだ完了していません。

 

正式に手続きを完了するためには、陸運局(軽自動車の場合には、軽自動車検査協会)に廃車の手続き、つまり登録を抹消する手続きを行わなければなりません。

 

これは陸運局や軽自動車検査協会に自ら訪れて手続きをすることになりますが、代行業者や行政書士に手続きを依頼することもできます。

 

その場合には、業者によりますが、2,000円から10,000円程度の費用がかかります。もしこの手続きを自分で行うのであれば、費用はかかりません。

 

このように、処分の手続きを進めるにあたっては、さまざまな費用がかかります。

 

ただし、解体業者に渡して解体する場合には、解体後の鉄スクラップの代金として、軽自動車であれば3,000円から10,000円、普通自動車であれば10,000円から30,000円程度の代金をもらえることがあります。
いずれにしても、処分を無料で行うことはできないということ、そしてそれぞれの手続きには決められた費用を負担する必要があるということについて、事前に頭に入れておいてください。

 

車の廃車費用を無料にする方法