いらない自動車

車査定はタイミングが遅れるほど不利に

何度か車査定を体験しているのですが、ひとつ実感したことがあります。

 

それは、査定のタイミングが遅れるほど不利になることです。

 

私自身、ほとんど車には乗らないので、車庫に放置していた状態でした。

 

それでも、いつかは乗ると思っていたのですが、税金や車検の費用もかかり、家計を圧迫していたので売ることにしたのです。

 

そこで、地元の業者で車査定をすることにして、実際に家にきてもらいました。

 

10分程度の査定を経て、35万円という金額が提示されたのです。

 

正直、思っていたよりも安かったので、売るのをキャンセルしました。

 

しかし、その後もほとんど乗ることはなく、維持費だけがかかることに嫌気がさし、今後こそは売却しようと思って、以前に査定した業者にきてもらいました。

 

すると、4ヶ月前に査定したころよりも、3万円も下がっていたのです。

 

車は車庫に眠っていただけなのですが、乗らなくても価値は下がることがわかりました。

 

業者スタッフの話によると、登録した瞬間から車の価値は下がっていくそうです。

 

たとえ走行距離がゼロだとしても、登録した時点で新古車になってしまうので、完全なる新車ではないそうです。

 

私の車は走行距離8,000km程度ですが、登録してから8年ほど経過しています。

 

人気車種なので32万円という金額でも、比較的いいほうだと言われたのを覚えています。

 

結局、維持するのが大変だったので32万円で手放すことにしたのです。

 

高く売りたいと思ったら、スピードが命だと思いました。