トヨタクラウンを無料で廃車にするには???

トヨタクラウンの自動車廃車手続き費用をすべて無料にする方法!

トヨタクラウンの廃車手続きを全部無料にする方法教えちゃいます♪

 

 

トヨタクラウンの廃車費用を全部無料にしちゃう方法はコチラをクリック

 

 

トヨタクラウンの廃車手続き

 

自分でトヨタクラウンの廃車手続きしようとすると2〜3日かかって役所や陸運局やスクラップ業者を行ったり来たり結構大変・・・
買取り業者に依頼するとトヨタクラウンは代行手続き費用で2万円程度かかる・・・
更には、トヨタクラウンが動かない場合の引き取り料で手数料が更に加算される・・・

 

 

トヨタクラウンの自動車廃車手続き費用をすべて無料にする方法!

 

トヨタクラウンを廃車しようとすると色々お金がかかりますがそれだと困りますよね・・・

 

 

 

 

トヨタクラウンの廃車手続きをすべて無料にする方法はコチラをクリック

 

 

 

トヨタクラウンの自動車廃車手続き費用をすべて無料にする方法!

 

 

トヨタクラウンの特徴

 

トヨタクラウンは、キャデラックを彷彿させるフロントマスク&ラジエターグリルが印象的で、重厚感と迫力が加わり、大人しい高級社用車というイメージが払拭されました。ハイブリッド、ガソリン車のグレード設定があり、クラウン ハイブリッドアスリートは421万円?、クラウン アスリート(ガソリン車)は367万円?という価格帯です。燃費はハイブリッド車で23.2km/L、ガソリン車で9.6?11.4 km/L。クラウンの中でもやはりクラウンハイブリッドアスリートが人気のようです。では、クラウンハイブリッドアスリートのデメリットは?同クラスの日産 フーガと比べてみましょう。フーガは高級セダンでありながら、スポーティなハンドリングと足回りが魅力。一方、クラウンは実用的で充分な動力性能はあるもののスポーティな走りや操舵感はありません。ただし、動き始めから40km/hくらいまでの低速走行は非常にスムーズ。そもそもクラウンは設計思想においてスポーツ性能を追求した車ではないのでデメリットとまでは言えないまでも、少々物足りなさを感じます。ハイブリッド車の重要なポイントが電池性能。フーガは軽量コンパクト・高性能のリチウムイオンバッテリーを採用していますが、クラウンは低コストなニッケル水素バッテリーを採用。フーガ・ハイブリッドは10-15モード燃費で、クラウン・ハイブリッドを大きく上まわっており、これは電池の性能差が大きく影響していると思われます。また、ニッケル水素バッテリーには保証期間が存在し、「5年未満、もしくは走行10万キロ未満」です。5年後以降にニッケル水素バッテリーが寿命を迎えた場合、クラウン ハイブリッドの場合、交換するバッテリーの部品代としておよそ19万円(工賃は別途)必要です。長い目で見た時のコストが気になります。乗り心地やスムーズさではクラウン ハイブリッドに、スポーティな走りと優れた燃費ではフーガ ハイブリッドに軍配が上がりますね。最近は廃車にして乗り換える方も多いです。トヨタクラウンを廃車にするときは、その方法にご注意ください。