いらない自動車

うっかり車の書類を紛失!そんな時に知っておくべき処分方法

 

車の処分方法にはいろいろとありますが、どの処分方法においても必要とされるのが、車検証などの車に関するさまざまな書類です。

 

ところが、ずいぶんと長い期間を乗っていなかったり、事故や水没などのアクシデントにあって処分することになったりした場合、こういった書類が紛失してしまっていることに気付くということは、それほど珍しいことではありません。

 

車検証がない場合は、それぞれの処分方法に従って手続きを進めることはできませんので、再取得をしなければなりません。

 

処分をするまでは必要ないからといって、車検証なしで道路を走っていると、道路交通法違反になりますので、くれぐれも注意してください。

 

 

これらの書類は車にとっての身分証明書となりますので、紛失したと気が付いたのであれば、できるだけ早く再取得の手続きを進めてください。

 

再取得する場合は、自分で行う場合と、業者に依頼する場合があります。

 

自分で再取得する場合には、紛失したことについての理由書、自分の身分証明書、再交付申請書、手数料納付書などの書類を用意しなければなりません。

 

再交付についての管轄はナンバーを管理している陸運局であり、再交付申請書と手数料納付書は陸運局で手に入れることができます。

 

そのほかの書類は、各陸運局のホームページなどから事前にダウンロードすることができますので、まずは再取得に必要な書類についてきちんと確認をし、ダウンロードできるものは適宜ダウンロードをしておきましょう。

 

代行業者にすべて依頼するのは、とても簡単です。この場合も、車検証を紛失したことについての理由書を用意するとともに、業者に対する手続きの委任状を用意しておきましょう。

 

あとは、必要な料金と一緒に業者に渡すだけで、あとの手続きはすべて業者が行ってくれます。

 

自動車納税証明書を紛失した、という方もいるかもしれません。この場合は、車検証と認め印を用意して、所轄の都道府県の税金事務所に訪れれば、再交付をしてもらえます。

 

一部の地域では手数料が必要とされますが、大多数のところでは特に再交付の費用はかかりません。ただし、軽自動車では税金事務所ではなく、市町村の役所で受付をしています。

 

自賠責保険に関する書類を紛失した場合も、紛失したままでは道路交通法違反となりますので、すぐに再交付の手続きをしてください。その保険に加入した保険会社、あるいは代理店に問い合わせをすれば、再発行の手続きを進めてくれます。