フィットGD3を無料で廃車にするには???

フィット GD3 廃車 方法

フィットGD3の廃車手続きを全部無料にする方法教えちゃいます♪

 

 

フィットGD3の廃車費用を全部無料にしちゃう方法はコチラをクリック

 

 

フィットGD3の廃車手続き

 

自分でフィットGD3の廃車手続きしようとすると2〜3日かかって役所や陸運局やスクラップ業者を行ったり来たり結構大変・・・
買取り業者に依頼するとフィットGD3は代行手続き費用で2万円程度かかる・・・
更には、フィットGD3が動かない場合の引き取り料で手数料が更に加算される・・・

 

 

フィットGD3の廃車を簡単にする方法

 

フィットGD3を廃車しようとすると色々お金がかかりますがそれだと困りますよね・・・

 

 

 

 

フィットGD3の廃車手続きをすべて無料にする方法はコチラをクリック

 

 

 

フィット GD3 廃車 方法

 

フィットGD3の特徴

 

フィットGD3と同時期に発売されている、トヨタ ヴィッツや日産のマーチに比べて安価な造りと思います。まずは室内空間などはインパネなどを見ればわかりやすいですが、どうしてもチープな感じがあります。特にオーディオ周り間などは簡素な感覚が強い印象があります。
外観においては、塗装自体が弱いせいか、年数が経つにつれて劣化が激しく、クリア層の剥離が多い。これは色に関係なく、駐車場の状況・日頃の手入れに応じて発生している。
ヘッドライトについては、ノーマルタイプからボデーカラーに合わせた種類のヘッドライトまでラインナップがあったが、全てにおいて年数が経つと劣化が発生する。表面の磨き・再コーティングで一時的には復活するが、経験上では1年後には同じように劣化している。(劣化とはヘッドライトのクリア層が白くなってきて見かけも非常に悪くなってきて、更にヘッドライトの明るさも落ちてきてしまう事です )洗車などしてもどうしても綺麗にならず、がっかりしてしまう。
走行中ははっきり言って、ロードノイズ・エンジンノイズとの戦いです。車両重量を軽くするために制振材などの素材も少なく、路面からのノイズ、エンジン音などがダイレクトに車内に入ってしまいます。
最大のデメリットは、CVTです。CVT自体も発売されてから、結構な年数が経っていて他メーカーのCVTは改善されているのにGD3については改善されていません。何かと言うとシフトチェンジに起きるタイムラグです。仮に少し傾斜している駐車場などで車庫入れしているとしましょう。リバースに入れてすぐにブレーキペダルを離してしまうと車が傾斜を下ってしまいます。ある程度(時間にしている5秒前後)おいてからブレーキを離さないと下ってしまうのです。これは通常のAT車に乗ってきた方では戸惑ってしまうと思います。実際に友人が同じような状況で車が動いてしまい、接触事故を起こしていましました。もう走れなそうなのでフィットGD3は廃車にせざるを得なそうです。