フィットGK3を無料で廃車にするには???

フィットGK3を廃車にする方法がすべて無料!!

フィットGK3の廃車手続きを全部無料にする方法教えちゃいます♪

 

 

フィットGK3の廃車費用を全部無料にしちゃう方法はコチラをクリック

 

 

フィットGK3の廃車手続き

 

自分でフィットGK3の廃車手続きしようとすると2〜3日かかって役所や陸運局やスクラップ業者を行ったり来たり結構大変・・・
買取り業者に依頼するとフィットGK3は代行手続き費用で2万円程度かかる・・・
更には、フィットGK3が動かない場合の引き取り料で手数料が更に加算される・・・

 

 

フィットGK3を廃車にする方法がすべて無料!!

 

フィットGK3を廃車しようとすると色々お金がかかりますがそれだと困りますよね・・・

 

 

 

 

フィットGK3の廃車手続きをすべて無料にする方法はコチラをクリック

 

 

 

フィットGK3を廃車にする方法がすべて無料!!

 

フィットGK3の特徴

 

とにかく、ホンダフィットGK3を運転するにあたって一番ひどいのがフロントガラスの角度。はっきり言って寝すぎているので、まずインパネが映り込んでしまい運転がしにくくなってしまいます。特に夜間は対向車のヘッドライトにより映り込みがきつくなり、事故を起こしそうになってしまいます。また、角度がきついということはAピラーが寝ていることになり、またピラー自体が衝突安全のせいだと思いますが、太くなっていることもあり、右前方の安全確認をする際に、体を傾けながら上体を起こさないと歩行者や自転車を確認出来ません。同じガラス系の不満ですが、サイド方向のガラス形状です。デザイン性なども考慮されていると思うのですが、後方になるにつれて狭くなっており運転席からの特に左後方の視認性が悪くなっています。特に追い越し車線から走行車線に進路変更する時など左後方の目視での確認性が悪いです。左後部座席にチャイルドシートを設置した場合、それ自体も邪魔になってしまい、取り付けるチャイルドシートを選んでしまいます。DCTのフィーリングがなかなか合わず、ギクシャクすることが感じられます。低速時の坂道でのモーターとエンジンの切り替えが非常に苦手意識があると思います。確かに数度のリコールで良い状態になっては来ていると思いますが、購入を考えている場合は必ず十分な試乗を行ってからが良いと思います。
全モデルに共通して言えることですが、とにかく荷室が狭い。家族旅行には不向きで週末の買いだめにも家族全員で行くときは厳しいでしょう。また、ホンダ車特有ですが特にGK6はハンドルが軽いため、フラフラする感覚があります。荷室が狭いことハンドルが軽いことで高速道路を長距離移動しながらの旅行には慣れが必要だと思われます。さらにカタログ上の燃費スペックなどを気にしまくったりしているとアクセルを気にしすぎておりストレスがたまり、ハンドルが軽いので肩こりが発生してくるでしょう